消費者金融を利用するなら自己破産や債務整理をせずに借入れできるプラン

消費者金融を利用するなら自己破産や債務整理をせずに借入れできる プラン

消費者金融を活用する前に、無理のない借り方を模索しておきましょう。
将来的に自己破産などの債務整理が必要になるような借り方だと問題があります。

 

なぜ自己破産などの債務整理の手続きが必須になるかといえば、
返済能力を超えて借りてしまっているからです。

 

当初は返済できると考えているプランであっても、
長期的に考えれば逼迫するケースは多々あります。
会社員や公務員は安定的な収入を維持できると言われていますが、
それでも絶対に失職しない保証はないです。

 

だからこそ無理なく完済できることを重視し、返済シミュレーションをしていくことが大切です。
無理なく返済できる金額というのは、無難に借入れできる金額でもあります。
借金は完済することに意味があり、完済しない以上は永久的に催促を受けることになります。

 

消費者金融から借りるならば、短期返済を重視してみましょう。
返済期間が3年と1年では、後者のほうが完済できる確率は高くなるのです。

 

もともと消費者金融は長期融資を目的にはしていませんでした。
現在は年単位の返済プランを用意する会社が増えていますが、
本来はひと月以内に完済するスタイルが一般的だったのです。

 

給料日まで足りない分を借りて、給料日に一括返済するのが普通の借り方でした。
こうした借り方を徹底している人は、債務超過に陥りにくい傾向が強いです。
返済期間が長期化すればするほど、収支のバランスが崩れたときの対応が難しくなります。

 

一括返済を前提にした借り方をイメージしておけば、
毎月の返済額を計算する必要はありません。

 

毎月少額の返済プランにすれば、必然的に多くの利息を支払うことになります。

 

一括での返済が厳しい場合は、3回以内に抑えておくといいでしょう。
3回程度ならば無理なく完済できる回数であり、
自己破産などの債務整理を迫られる可能性は低いです。
延滞するリスクも回避できるので、信用情報に傷をつける心配もありません。

 

無理なく借入れできるプランを考えるときは、
給料から確実に支払いできる金額をイメージしておきましょう。
毎月の余剰金からいくら返済に充てられるのか明確にしてください。

 

余裕をもって返済することを考えると、
余剰金の5~7割程度の返済額に抑えておく必要があります。

 

また借入れ前に家計の試算をし、節約できる部分はしっかりと抑えることが大切です。
ムダをなくすことで借入れするべき金額が減るため、必然的に返済するのも楽になります。